管理職からの指示のフリーエンジニアの理解

プログラマーとしてソフトウェア開発の仕事についている時は、上流の管理職の指示に不満を感じる事も確かにあります。
管理職と部下との軋轢は、いずれの職場でも少なからずある事です。
こうした人間関係を避けて、フリーエンジニアとして独立する人もいます。
確かに部下として指示を得ている間は、上司の指示に納得できないことも多いです。

しかし、実際に管理職となって、開発プロジェクトで強く生産性を意識するようになれば、かつて上司から受けた指示も、合理的な理由があったことが分かります。職場でのお立場上の事情は、自身が管理職の視点に立ってみなければ、分からない部分も多いです。
フリーエンジニアとしても、上流の立場に立ってこそ、時には難しい指示を開発スタッフにしなければならない事がわかります。

開発プロジェクトの管理職は、プロジェクトを成功させるため大きな責任を負わなければなりません。
開発プロジェクトでは、通常では期限内に目標が達成できないような状況に陥る事もあり、いつも以上の高い生産性が求められます。そのようなとき、無理とは分かっていても厳しい指示をおこなわなければならないことも多いです。

こうした管理職の仕事ならではの苦労を知っていれば、開発の仕事が厳しい状況に差し掛かったとしても、冷静に仕事が続けられます。フリーエンジニアとしても、上流の仕事やあるいは上から指示を受ける立場に立つことがあるため、心得ておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です